スマホ時代は、忙しいお店の負担軽減にチャンス!

2015/06/02

友達に教えよう!

忙しい経営者ほど予約台帳システムを!

お客さまからたくさん電話をいただけることはありがたい。でも仕込中だったり接客中だったり調理中だったり。身体は一つしかありません。安心して任せられる接客担当は育成にも採用にもやっぱり時間をとられるし、ほんとは単純な仕事なのに自分が仕切らないとうまく回らない・・・。ちゃんとやりたいお店の人ほど、この忙しさの罠にはまっていってしまいます。

いろいろな仕事の中でも、紙の予約台帳の記載と清書・確認は、大事でありながら非常に手間がかかるし、お店の皆で更新するとミスの元だし、かさばるし、過去の記録の活用はしにくいし(というかほとんど使えない)、と、スマホやタブレットがこんなに普及してきたネット社会になっても、めちゃめちゃアナログな代物でした。

 

そう、今どきの店長さんや店員さん、アルバイトの人達も、スマホやタブレットの使い勝手には慣れてきている時代です。

トレタ(TORETA)をはじめとしたiPadを使った予約の仕組みを多くのお店が使いだしたのはそれも原因ではないかと。

例えばトレタ(TORETA)なら、予約の受付自体が指一本で簡単にできたり、追加料金なしでWeb予約の仕組みが使えたりする上に、誰かが一回入力した予約を、オーナーさんからスタッフまで後から参照することができます。予約の事前確認、予約当日のトラブルの無い接客、そしてサンキューメールや次回以降のお知らせメールの送信など、様々なことが、想像もしていなかったレベルで楽にできるようになります。

「バイバイ、キーボード!」のスマホ・タブレット時代、便利な仕組みの使い勝手の敷居が下がっている今、採用検討の価値あり、ではないでしょうか。

« | がんばる飲食店 | »

タグ:, , ,