新玉ねぎ

2015/02/26

友達に教えよう!

12a 

 

新玉ねぎが店頭に出回りはじめていますが、1年を通して出回る一般的な玉ねぎとの違いは何なのでしょうか。

 

収穫から出荷までの過程の違い

一般的な玉ねぎは保存性を高めるために収穫してから1ヶ月ほど乾燥させて出荷しますが、新玉ねぎは収穫後すぐに出荷されます。新鮮な新玉ねぎは水分が多くて辛みが少ないのが特徴。加熱せずにサラダ等にしても、みずみずしくシャキシャキしていて、美味しくいただけますよね。

 

栄養成分は同じ

このように、新玉ねぎと一般的な玉ねぎとでは出荷の過程に違いはありますが、栄養成分には違いはないそうです。玉ねぎの栄養成分として注目されているのが、辛み成分でもある硫化アリル。この成分には、血液をさらさらにする効果があるほか、疲労回復効果や神経機能を正常に保つ効果のあるビタミンB1の吸収や活性化を促す作用があるとされています。

 

効果の違いは?

ビタミンB1も玉ねぎに含まれていますが、硫化アリル、ビタミンB1ともに水に溶けやすく熱に弱いため、水にさらしたり加熱したりしなくても食べやすい新玉ねぎのほうが、これらの成分を効率よく摂取することができるということです。

 

料理のジャンルを問わず、いろいろな食材と組み合わせることのできる新玉ねぎ。美味しい時期にたくさんとって、健康な体を維持しましょう。

 

« | がんばる飲食店 | »

タグ: