脳内管理とはおさらば!顧客来店履歴が残るから常連さんがわかる

2015/06/13

友達に教えよう!

脳内管理とはおさらば!顧客来店履歴が残るから常連さんがわかる
「常連さんの顔と名前は覚えていてが当たり前。」

でもそれはもう予約システムではもっと当たり前なことなんです。

たとえば、トレタの「トレタフォン」は予約を受けると一度来たお客さまでしたらお名前が自動的に表示されます。そのため記憶を辿らなくてもひと目で常連さんかわるので、お客さまに合った丁寧な対応をすることができます。

他にもある!常連さんへのケア向上の機能

写真保存機能(トレタ)

クラウドメモ機能(トレタ、オレンジリザーブ)

注文履歴(トレタ、オレンジリザーブ)

写真保存機能はお客さまそれぞれに写真が保存ができ、お客さまの顔や注文されたお酒のラベルが覚えられたり、といった使い方ができます。

クラウドメモ機能を活用すればお客さまの好みの味や飲み物をメモできます。「美味しい!」とおっしゃっていただいた食材が手に入った時にメールを出してみたり、一度おしゃった嫌いなものやアレルギーで食べられないものをまた出してしまうなんていうミスはもうありません。

こんな風に、充実したお客さま情報でよりよいおもてなしに役立てます。

人は、自分のことを記憶してくれることで、満足感を覚え、親近感が湧くものです。つまり、「顧客情報を記憶することがリ
ピーターをいかに増やすかの鍵となる」、といっても過言ではありません。

常連さまが目でわかるから満足。

お客さまもサービスに満足。

一人ではなくチームで仕事をしているお店なら、脳内管理よりも情報共有です。

指一本で簡単に情報共有ができてしまうのが、現在のiPadを使った予約台帳の仕組みなのです。

« | がんばる飲食店 | »

タグ:, , , , , , , ,